日本内分泌学会

English
会員専用ページ
教育・研究

こんな活動をしています

最終更新日:2019年2月25日

学術総会、および、支部学術集会におけるJES We Can企画のプログラムを実施しています。女性や若手の医師・研究者の発表や、聞きたい講演者を招聘しています。

第90回日本内分泌学会学術総会(2017年4月、会長:和歌山医科大学 赤水尚史先生)

シンポジウム名:福島「県民健康調査」甲状腺検査への支援を前に

  1. 甲状腺超音波検査のArtとPitfall
    虎の門病院内分泌代謝科 宮川めぐみ 先生
  2. 福島県に放射線量と健康影響6年目の実情
    長崎大学原爆後障害医療研究所 山下 俊一 先生
  3. 原発事故後における甲状腺検査の在り方
    福島県立医科大学 放射線健康管理学講座 緑川 早苗 先生

第34回内分泌サマーセミナー(2017年8月、会長:産業医科大学 上田陽一先生)

シンポジウム名:

  1. JES We Can(日本内分泌学会)とWE(米国内分泌学会)の国際交流
    岐阜大学保健管理センター センター長・教授
    岐阜大学院連合創薬医療情報研究科 医療情報学専攻 教授 山本眞由美 先生
  2. 脳の性分化研究からみる男女共同参画
    名古屋大学副理事(男女共同参画担当)大学院生命農学研究科 教授 束村 博子 先生
  3. GH/IGF研究の私の歩みから伝えたいこと
    東京女子医科大学理事(教育部門、男女共同参画担当)名誉教授 肥塚 直美 先生

第91回日本内分泌学会学術総会(2018年4月、会長:宮崎大学 中里雅光先生)

シンポジウム名:内分泌疾患と不妊治療の基礎と臨床

  1. 女性不妊と内分泌疾患
    東京大学医学部附属病院 女性診療科・産科/女性外科 廣田 泰 先生
  2. 男性不妊と内分泌疾患
    獨協医科大学 埼玉医療センター泌尿器科/リプロダクションセンター 岡田 弘 先生
  3. 家畜における生殖技術の進歩
    東京大学大学院農学生命科学研究科 獣医繁殖育種学教室 松田二子 先生

2017年度支部活動報告

2017年度 JES We Can 支部活動の報告

米国内分泌学会(ENDO)のWomen in Endocrinology (WE)と交流

 2015年からJES We Canは米国内分泌学会(ENDO)の女性団体Women in Endocrinology (WE)と交流しています。WEはENDOから支援してもらう関係ではなく、近年はWEからENDOの会長を輩出してENDOをリードしています。米国でも独自性を確立した組織は少ないと言えます。第89回日本内分泌学会学術集会(京都、大会長:島津 章先生)にWE会長Prof. Dana Gaddy (University of Arkansas for Medical Sciences)を招聘し、WEの40年の歴史について講演をしていただきました。講演前日の2016年4月22日の夜、JES We Can委員と歓迎の夕食会でスピーチされ、このメッセージは委員だけでなく若手学会員へ向けた内容なので、山本眞由美先生(岐阜大学)の邦訳で紹介します。

Dana Gaddy 博士(米国内分泌学会、女性内分泌学者の会会長)のスピーチ

このページの先頭へ