日本内分泌学会

English
会員専用ページ
専門医制度

申請

最終更新日:2019年7月9日NEW

日本内分泌学会 内分泌代謝科指導医 申請のご案内

2020年度「日本内分泌学会 内分泌代謝科指導医 認定申請書」は下記よりダウンロードできます。

「日本内分泌学会 内分泌代謝科指導医 認定申請書」(全3枚)

申請要項

指導医申請資格

  1. 日本国の医師免許証を有し、医師としての人格及び見識を備えていること。
  2. 申請時において連続10年以上本学会の会員であること。
  3. 内分泌代謝科専門医であること。
  4. 内分泌代謝疾患に関する臨床業績を有すること。

申請にあたっての提出書類

  1. 指導医認定申請書
  2. 履歴書 ※上記(1)の申請書に含まれています。
  3. 内分泌代謝科専門医認定証のコピー
  4. 業績目録 ※上記(1)の申請書に含まれています。
    内分泌代謝疾患の臨床に関する学会発表
    または論文発表が、最近5年間に5編以上あること(このうち少なくとも1編は論文発表であること)。
    なお、学会・学会誌に関しては、専門医認定申請時に認められているものと同一とする。
  5. 審査料の払い込み証明のコピー ※上記(1)の申請書に貼付します。

注意点

  • 内分泌代謝科専門医の資格を取得されている方で、当学会に2010年度以前にご入会いただいた方が対象となります。
    (2009年度ご入会の方で、会員歴10年となります。)
  • 会員歴は年会費の納入をもってカウントいたしますので、2010年度以前にご入会いただいた方でも、途中で年会費未納年度があった場合は、継続会員歴10年以上という条件を満たしておられない場合もございます。会員歴は事務局にて確認いたしますので、申請書の「会員歴欄」は未記入でお願い致します。
  • 業績目録について
    1)内分泌代謝疾患の臨床に関する学会発表または論文発表が、最近5年間(2015年4月1日以降)に5編以上あること(このうち少なくとも1編は論文発表であること)。
    なお、学会・学会誌に関しては、専門医認定申請時に認められているものと同一とする。
    2)共著者でも可能。
    3)学会発表に関しては抄録のコピー(学会名、総会・地方会等会合の名称、開催年、演題番号、演題名、発表者名が記載されたもの。表紙のコピー添付でも可)を年代順に重ねて貼付または別途添付。論文発表に関してはAbstractのコピー(雑誌名、巻、頁、年が明記されたもの)を添付すること。
    4)業績目録に記載される学術論文は、レフェリーのある雑誌に発表されたもの
    であること。また学会発表は、日本医学会総会、または日本医学会の分科会として認められている学会の総会、あるいは地方会(支部会)、またはそれに相当する国内外の学会であること。

申請書受付期間

2019年9月2日(月)~ 2020年2月28日(木)必着

審査料

10,000円

審査料払込先

郵便口座; 01070-9-67786
加入者名; 一般社団法人 日本内分泌学会 専門医認定部会

※ 通信欄に「指導医認定料」とご記入ください。

申請書送付先

〒600-8441 京都市下京区新町通四条下る四条町343番地1
タカクラビル6階
日本内分泌学会 専門医認定部会事務局

※ 封筒の表に「指導医申請書在中」と朱書きください。

お問い合わせ

事務局担当:荻野、芋生、藤本 senmoni@endo-society.or.jp

2019年11月または2020年4月の理事会で承認後、2020年4月1日認定として認定証を
送付する予定です。

よくあるご質問 -必ずお読み下さい-

Q1 業績目録の学会発表、論文発表は筆頭著者でなければならないか?
A1 共著者でも結構です


Q2 業績目録の学会発表、論文発表が認められる「学会・学会誌に関しては、専門医認定申請時に認められているものと同一とする」とあるが具体的にどのようなものか?
A2 学会誌:レフェリーのある雑誌
学会:
日本医学会総会
日本医学会の分科会の総会、地方会(支部会)
またはそれに相当する国内外の学会、国際学会
(詳細は専門医更新の際に認定されているものに準じます;JES News、またはホームページ専門医制度「内分泌代謝科専門医 更新手続き」に掲載)


Q3 最近5年間の学会発表・論文発表とはいつからか?
A3 2015年度分から(つまり2015年4月1日から)


Q4 連続10年の会員歴とは何年入会からOKか?
A4 2010年度入会から

このページの先頭へ