日本内分泌学会

English
会員専用ページ
学会について

役員挨拶

最終更新日:2018年11月19日NEW

代表理事

内分泌至上主義・ネクストワールド―Endocrinology Continuumへの希求

Hiroshi_Itoh伊藤 裕
慶應義塾大学 医学部腎臓内分泌代謝内科

 わが国の内分泌学は、高峰譲吉先生のアドレナリンの結晶化に始まり、世界の内分泌学の草分け的存在であり、内分泌学を専門とする多くの優れた先達の先生方のご尽力により、その牽引者として、世界に冠たる立場をここまで堅持してまいりました。日本内分泌学会は、米国内分泌学会に次ぐ歴史を誇り、現在その会員数は、ほぼ8000名に達し、今年2017年に、90周年を迎えました。

 わたくしは、2015年、日本内分泌学会の代表理事に就任し、学会員に"PAX ENDOCRINOLOGIA 内分泌至上主義"を共通の認識として、学会の更なる発展を目指そうと呼びかけました。ホルモンは、すべての生命現象の基本物質であり、内分泌学は、生命体の維持、すべての疾患の基盤であるとの自負をすべての学会員が持つことを願い、内分泌学全般に精通し、医学全体を俯瞰しその発展に貢献できる喜びと誇りを持つ真の内分泌エキスパートの育成と内分泌学の隆盛に努力したいと考えました。今年より、代表理事の2期目を務めさせていただくことになりました。ここに謹んで御礼申し上げますとともに、皆様方には、これまで同様の暖かいご支援、そして叱咤激励を賜りたいと存じます。

 2016年の内分泌代謝学サマーセミナーにおきまして、私は、学会員皆で、"Endocrinology Continuum"を目指そうと訴えました。Continuumは、"連続体"ということです。ひとりの人間を見た時、時間経過のなかで、受精卵から始まって死ぬまでのContinuumがあり、社会の中では、一個人だけで終わることはなく、人対人、男性と女性、親と子、少子超高齢社会を迎えた各々の世代など、人間の相互関係があり、更には、腸内細菌などヒト以外の生命体との共生関係もあり、そこにもContinuum が存在する。これらすべてのContinuumに、ホルモンが関わっているといっても過言ではありません。したがって、日本内分泌学会の扱う領域はまさに広大無辺で、今後もますます広がっていくことを、学会を担うネクストジェネレーションへのメッセージといたしました。また、今後の学会のありかたとしても、関連領域学会(小児科学、産婦人科学、泌尿器学、脳外科学、さらに社会医学、農学、生物学などの多くの関連学会)との連続的なつながり、また、社会の一般の方々への発信、Continuumが益々大切になると考えております。

 最後に、皆様方に、医聖と称される、医師たるもの皆が知っているカナダの医師、ウィリアム・オスラー(1849-1919)の言葉を贈りたいと思います。
Humanities are the hormones of medicine.
(ヒューマニテイは医療のホルモンである。)

 伝統ある日本内分泌学会の一員である我々は、一致団結して、"Endocrine Pride"(内分泌学者の誇り)をもって、その進むべき道をしっかり見極め、突き進んでいきましょう。

(2017年7月)

副代表理事

副代表理事ならびに庶務部会長 筆頭理事に就任して

Takashi_Akamizu赤水 尚史
和歌山県立医科大学内科学第一講座

 この度、伊藤裕代表理事のご指名により副代表理事、ならびに庶務部会長 筆頭理事の大役を2期継続して担当することになりました。引き続き副代表理事として代表理事を補佐していくとともに、庶務部会長 筆頭理事として円滑な学会運営に貢献していきたいと思います。

 本学会がカバーする分野は全身の臓器に渡り大変広く、研究内容も基礎研究、臨床研究、トランショナルリサーチと多岐に渡っています。学会員は8,000名近くに達し、国際的にも内分泌分野ではEndocrine Societyに次ぐ第二位の規模を誇っています。年次集会は90回を数えますが、その記念すべき第90回学術総会会長を「内分泌学の進歩と革新」のテーマのもと本年担当させていただきました。学会員の皆様のご指導とご支援のほど誠に有難うございました。来たる11月には学会創設90周年記念式典が開催されます。100周年に向けて、本式典が本学会のさらなる発展を期す良い契機になることを祈念し、成功に導きたいと決意を新たにしています。

 また、庶務部会長 筆頭理事としては、庶務部会理事の稲垣暢也、大薗恵一、笹野公伸、杉本利嗣、山田正三先生と力を合わせて、庶務業務ならびに学術総会・臨床内分泌代謝Update・サマーセミナーなどの開催、表彰制度、国際連携などあらゆる学会活動の運営や調整のために尽くす所存です。また、学術刊行、教育育成、財務、広報連携部会理事とも力を合わせて、学会の円滑な運営や調整を図りたいと思います。以上、微力ながら本学会の発展のために誠心誠意尽くしたいと思いますので、会員の皆様の御指導御鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます。

庶務部会

Nobuya_Inagaki 稲垣 暢也(京都大学)
2015年度より庶務担当理事を務めております。2017年度からは、庶務担当副理事として、庶務担当...Read more
Keiichi_Ozono 大薗 恵一(大阪大学)
このたび、庶務部会担当理事として、活動させていただくことになりました。また、倫理・COI(利益相...Read more
Hironobu_Sasano 笹野 公伸(東北大学)
私はこれまで約二十年若に渡りまして日本内分泌学会の理事を務めさせていただきましたが、今回最後の...Read more
Toshitsugu_Sugimoto 杉本 利嗣(島根大学)
私はこれまで4年間専門医・教育育成部門を担当させていただきました。この度、本学会の組織体制...Read more
Shozo_Yamada 山田 正三(虎の門病院)
私はこの度、伊藤代表理事の御指名により庶務部会担当及び医療事故調査制度委員会委員長を仰せつか...Read more
   

財務部会

Masamitsu_Nakazato 中里 雅光(宮崎大学) Yutaka_Takahashi 高橋 裕(神戸大学)
この度、伊藤裕代表理事のご指名による幹事、財務部会担当を拝命いたしました。微力ではございま...Read more

学術刊行部会

Hiroshi_Arima 有馬 寛(名古屋大学)
この度、伊藤裕代表理事のご指名により、学術刊行部会長 筆頭理事に就任することになりました。...Read more
Tomoki_Okazaki 岡崎 具樹(帝京大学)
2017年4月、Endocrine Journal編集長を拝命いたしました。私は、最も重要な課題は、「Endocrine...Read more
Takashi_Kadowaki 門脇 孝(東京大学)
この度、学術刊行部会担当理事として特に刊行を担当させていただくことになりました。刊行委員会委...Read more
Akihiro_Sakurai 櫻井 晃洋(札幌医科大学)
学術刊行部会幹事を仰せつかりました、札幌医科大学の櫻井です。微力ながら有馬部会長のもと、特に...Read more
Hirohito_Sone 曽根 博仁(新潟大学)
この度、学術刊行部会の幹事を仰せつかりました。これまで内外の学会誌の編集等を担当して参りま...Read more
Keiichiro_Morohashi 諸橋 憲一郎(九州大学)
内分泌学の深遠かつ統合的な視点に面白さを感じ、本学会に座り込んでしまいました。近年、質量分析...Read more

教育育成部会

Toshihiko_Yanase 柳瀬 敏彦(福岡大学)
2015年度より上記役職を仰せつかり、2017年度から2期目を務めさせていただくことになりまし...Read more
Yutaka_Oki 沖 隆(浜松医科大学)
この度、伊藤裕代表理事のご推挙を賜り、理事そして教育育成部会副部会長に就任しました。部会長の...Read more
Masanobu_Yamada 山田 正信(群馬大学)
伊藤代表理事のご指名により、柳瀬敏彦教育育成部会長の下、引き続き副部長と専門医委員会の委員長を...Read more
Minoru_Irahara 苛原 稔(徳島大学)
歴史と伝統のある内分泌学会において、代表理事推薦理事を拝命し、学会運営をお手伝いさせていただ...Read more
Tsutomu_Ogata 緒方 勤(浜松医科大学)
浜松医科大学小児科緒方勤と申します。このたび、内分泌学会の理事として教育育成担当を拝命いたしま...Read more
Jo_Kitawaki 北脇 城(京都府立医科大学)
この度、伊藤裕代表理事のご指名により教育育成部会幹事を拝命しました。私が入会した80年代初頭は...Read more
Akira_Shimazu 島津 章(国立病院機構京都医療センター)
この度、引き続き日本内分泌学会の監事を拝命しました国立病院機構京都医療センターの島津 章です。...Read more
Norihiro_Sugino 杉野 法広(山口大学)
この度、日本内分泌学会の幹事を仰せつかりました。私の役割の一つは、内分泌学会における産婦人科...Read more
Mari_Suzuki 鈴木 眞理(政策研究大学院大学)
このたび、2015-2016年に引き続き、伊藤 裕代表理事より代表理事推薦理事を拝命しました。教育...Read more
Yasuhiro_Takeuchi 竹内 靖博(虎の門病院)
2017年度より教育育成部会担当の理事に就任いたしました。これまでも、評議員あるいは幹事として...Read more
Hiroko_Tsukamura 束村 博子(名古屋大学)
この度、伊藤裕代表理事のもと、歴史ある日本内分泌学会理事を拝命いたしました。数少ない女性かつ...Read more
Shigeo_Horie 堀江 重郎(順天堂大学)
このたび伝統ある内分泌学会の理事に就任させていただきました、泌尿器科医の堀江と申します。皆様...Read more
Hiroshi_Yoshimura 吉村 弘(伊藤病院)
2017年度より伊藤裕代表理事のご指名により教育育成部会幹事を仰せつかりました。微力ですが内分...Read more
Mayumi_Yamamoto 山本 眞由美(岐阜大学)
このたび、監事の大役を仰せつかりました。本学会の90年に渡る歴史と伝統の前に身のひきしまる思...Read more

広報連携部会

Yoshihiro_Ogawa 小川 佳宏(九州大学)
この度、伊藤 裕代表理事の御指名により広報連携部会長 筆頭理事に就任することになりました。...Read more
Iichiro_Shimomura 下村 伊一郎(大阪大学)
この度、伊藤裕代表理事のご指名により広報連携部会副部会長、WEB広報委員会委員長に就任いた...Read more
Yoichi_Ueda 上田 陽一(産業医科大学)
2017年度より、伊藤裕代表理事のご指名により広報連携部会理事を拝命いたしました。2015-2016年...Read more
Hirotaka_Shibata 柴田 洋孝(大分大学)
2017年度より、広報連携部会理事に就任いたしました。小川佳宏先生、下村伊一郎先生、...Read more
Tomonobu_Hasegawa 長谷川 奉延(慶應義塾大学)
このたび伝統ある日本内分泌学会の幹事を拝命しました。推薦いただいた伊藤裕代表理事、および関係...Read more
   
このページの先頭へ