日本内分泌学会

English
会員専用ページ
学会について

役員挨拶

最終更新日:2019年7月22日

代表理事

代表理事からのご挨拶

赤水 尚史
和歌山県立医科大学 内科学第一講座

 

この度、伝統ある日本内分泌学会の代表理事に就任させていただきました。
学会員、評議員、理事・監事の皆様の温かい御支援・御鞭撻のほど心から感謝申し上げます。年号が令和に改まった時であり、新たな日本内分泌学会を是非とも築いて行きたいと意を新たにしています。理事会メンバー一同が一致団結して学会のために活動していく所存ですので、諸先輩を含めた学会員の皆様の御指導御支援のほど宜しくお願い申し上げます。

内分泌学は、医学・生理学の体系を形成する上で欠くことのできない確固たるシステムの一つです。その大きな特徴の一つに臓器特異的システムというよりは臓器横断的なシステムであり、生体の恒常性維持、小児の成長、種の継代、エネルギー代謝など生命・生物にとって必須の機能と密接に関わっています。従って、研究や臨床においても必須な分野であり、その発展に日本内分泌学会が寄与することは学問・科学技術の発展や人類の健康・繁栄に貢献する極めて重要かつ有意義なことと思います。実際、日本内分泌学会は1927年の創設以来、90年以上に渡ってそのような活動と貢献を続けてきました。その間、数多くの諸先輩が多大な世界的研究業績を挙げられ、内分泌代謝診療にも貢献されてこられたことは言うまでのないことです。学会員は8,400人を超え、分野は内科、小児科、産婦人科、脳神経外科、泌尿器科、内分泌外科、病理科、基礎医学など広汎かつ学際的です。私としては、このような輝かしい伝統を基に更なる学会の発展と革新を進めていきたいと思います。8年後には日本内分泌学会は創設100周年を迎えますが、中長期的視点を持って学会員の皆さんとともに進んで参りたいと思います。

具体的な抱負として以下を挙げたいと思います。
1. 100周年を念頭においた次世代リーダーの育成
2. 内分泌学に関する研究の活性化
3. 学会の国際化の推進
4. 内分泌代謝専門医不在地域の解消
5. 内分泌外科学・病理学との密接な連携

次世代リーダーの育成のために、筆頭理事には原則として(専門医関連を除いて)8年後まで活動していただける方を御指名させていただきました。ベテランの方には、副筆頭理事などとしてこれらの方を支えていただくようにお願いをしています。内分泌学研究の活性化のためには、学会員を増やすとともに基礎研究者が学会参加しやすい環境を整えていきたいと思います。国際化推進については、国際内分泌学会や諸外国の内分泌学会との交流を深めるとともに学術集会での英語セッションの増加や外国人の参加増を目指していきます。日本全域における内分泌代謝診療の普及については、専門医の地域や科における偏在が問題です。支部会組織の強化や再編成などを通じて解決していきたいと思います。最後に、内分泌外科学や病理学との密接な連携を深める必要があります。内分泌学会員に占める内分泌外科・病理の割合は2-3%に過ぎません。腫瘍学の重要性が内分泌学において近年非常に高まっていますが、今後は学会の推進力の一つになるようにして行きたいと思います。

それでは、会員全体で本学会を盛り上げて行きましょう。
最後に、皆様の益々の御活躍と御健勝をお祈り申し上げます。

(令和元年・2019年 5月10日)

 

庶務部会

Yoshihiro_Ogawa 小川 佳宏(九州大学)
この度、赤水 尚史新代表理事の御指名により庶務筆頭理事に就任しました。庶務部会は庶務、倫理・利益相反、研究不正防止、医療…
Read more
Nobuya_Inagaki 稲垣 暢也(京都大学)
2年前から引き続き、庶務担当の理事を続けさせていただくことになりました。もとより、わが国における内分泌学会の歴史は古く、…
Read more
Keiichi_Ozono 大薗 恵一(大阪大学)
2年前に引き続き、庶務担当理事として、活動させていただくことになりました。また、倫理・COI(利益相反)委員会の委員長とし…
Read more
Hironobu_Sasano 笹野 公伸(東北大学)
2019年5月9日から11日まで仙台国際センターで”症例から学び直す内分泌学“ というテーマで開催させていただきました第92回日本…
Read more
Akihiro_Sakurai 櫻井 晃洋(札幌医科大学)
このたび庶務部会員に就任いたしました,札幌医科大学の櫻井晃洋です.内分泌学は多細胞生物の恒常性維持というきわめて重要…Read more
Mayumi_Yamamoto 山本 眞由美(岐阜大学)
この度、赤水尚史代表理事より庶務部会担当を拝命いたしました。小川佳宏部会長のリーダーシップのもと、全力を尽くしてまい …
Read more

財務部会

Hirotaka_Shibata 柴田 洋孝(大分大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、筆頭理事(財務担当)を拝命いたしました。本学会運営において、内分泌代謝科専…Read more
Masamitsu_Nakazato 中里 雅光(宮崎大学)

学術刊行部会

Hiroshi_Arima 有馬 寛(名古屋大学)
2019年度からも学術刊行部会筆頭理事を引き続き担当することになりました。ここに謹んで会員の皆様にご報告申し上げます。…Read more
Hiroshi_Itoh 伊藤 裕(慶應義塾大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制の下で、学術刊行部会副委員長を拝命いたしました。学会の繁栄の芯は、ひとえに、学術活動…
Read more
Yutaka_Takahashi 高橋 裕(神戸大学)
この度日本内分泌学会の理事にご選出頂きました。微力ではございますが、内分泌学、内分泌学会の発展に尽力させて頂きます。…
Read more
Keiichiro_Morohashi 諸橋 憲一郎(九州大学)
Tomoki_Okazaki 岡崎 具樹(帝京大学)
Endocrine Journal (EJ) 編集長の岡﨑具樹です。
私は、最も重要な課題は、EJを、のはずです。Reviewを増やせば読者は飛びつ…
Read more
Reiko_Horikawa 堀川 玲子(国立成育医療研究センター)
この度日本内分泌学会の理事に選任されました。これからの任期中、学会の発展に貢献させていただけるよう、力を尽くす所存です…
Read more
Hiroaki_Masuzaki 益崎 裕章(琉球大学)
このたび、代表理事の赤水 尚史 教授、前代表理事の伊藤 裕 教授の御指名によりまして学術刊行部会の一員として加えて戴きました…
Read more
 

 

教育育成部会

Masanobu_Yamada 山田 正信(群馬大学)
この度、赤水理事長のもとで教育育成担当の筆頭理事に就任いたしました。
前柳瀬理事によりすばらしい専門医の整備基準がで…
Read more
Yasuhiro_Takeuchi 竹内 靖博(虎の門病院)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、教育育成部会副部会長(専門医担当)を拝命いたしました。
日本内分泌学会は学術団…
Read more
Jo_Kitawaki 北脇 城(京都府立医科大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、引き続き教育育成部会幹事を務めさせていただくことになりました。私が入会した80…
Read more
 
Norihiro_Sugino 杉野 法広(山口大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、理事を拝命いたしました。教育育成部会の担当ですので、私の役目は、人 材育成と …
Read more
Atsusi_Suzuki 鈴木 敦詞(藤田医科大学)
2019年度より幹事を拝命しました。内分泌・代謝内科学に限らずどの分野でも若手育成制度の整備の重要性が注目されています。そ…
Read more
Hirohito_Sone 曽根 博仁(新潟大学)
この度、前期に続き、教育育成部会の担当を仰せつかりました。前回は学会誌を担当させていただきましたが、今回は専門医制度の…
Read more
Osami_Tachibana 立花 修(金沢医科大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、理事を拝命いたしました。教育育成部会(専門医)にて、山田正信委員長のもと委員を…
Read more
Tomonobu_Hasegawa 長谷川 奉延(慶應義塾大学)
このたび日本内分泌学会の理事を拝命しました。関係各位に厚く御礼申し上げます。大変光栄であると同時に責務の大きさを痛感し…
Read more
Shigeo_Horie 堀江 重郎(順天堂大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、理事を拝命いたしました。教育育成部会(専門医)の委員を務めさせていただいており…
Read more
Tsutomu_Ogata 緒方 勤(浜松医科大学)
 
Yutaka_Oki 沖 隆(松医科大学)
この度、教委育成担当理事を担当させていただきます、浜松医科大学の沖です。これまで、日本内分泌学会に育てていただきま …
Read more
 
Mari_Suzuki 鈴木 眞理(政策研究大学院大学)
このたび、赤水尚史代表理事より教育育成部会理事を拝命しました。私は、卒業後すぐに入局した病理学教室で内分泌学に興味を持…
Read more
Akiyo_Tanabe 田辺 晶代(国立国際医療研究センター病院)
このたび理事に就任致しました、国立国際医療研究センター病院の田辺晶代です。教育育成部会(育成)にて緒方 勤委員長のもと…
Read more
束村 博子(名古屋大学)
このたび、教育育成部会理事を拝命いたしました。私は、生殖科学、神経内分泌学を専門とする研究者として、本学会の生殖内分泌…
Read more

広報連携部会

Iichiro_Shimomura 下村 伊一郎(大阪大学)
この度、赤水尚史代表理事のご指名により広報連携部会部会長に就任いたしました。上田陽一副部会長、岡本高宏先生、西岡宏先生…
Read more
Yoichi_Ueta 上田 陽一(産業医科大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制がスタートし、広報連携部会部会長の下村伊一郎先生のもと、副部会長を拝命致しました。下村…
Read more
Takahiro_Okamoto 岡本 高宏(東京女子医科大学)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもと、広報連携部会担当の幹事を拝命いたしました。私の専門は内分泌外科であります。甲状…
Read more
Hiroshi_Nishioka 西岡 宏(虎の門病院)
この度、赤水尚史代表理事の新体制のもとで、広報連携部会担当の幹事を拝命いたしました。下村伊一郎部会長、上田陽一副部会長…
Read more
 
Izumi_Fukda 福田 いずみ(日本医科大学)
この度、赤水尚史代表理事の体制のもとで監事を拝命致しました。日本内分泌学会は1927年に創設された伝統ある学会であり、現在…
Read more
   
このページの先頭へ