日本内分泌学会

English
会員専用ページ
学会について

広報連携部会 幹事 岡本 高宏

最終更新日:2019年7月1日

役員挨拶一覧へ戻る

幹事 岡本 高宏

東京女子医科大学 乳腺・内分泌外科

 この度、赤水尚史代表理事の新体制のもと、広報連携部会担当の幹事を拝命いたしました。

 私の専門は内分泌外科であります。甲状腺をはじめ、副甲状腺あるいは副腎の腫瘍や過機能状態で外科治療の適応となる疾患は少なくありません。専門の外科医としては、単に「切る」だけではなく、その病態を学んで診断から周術期管理、そして病理所見までを適切に理解してこそ、手術適応を判断できます。日本内分泌学会では30年以上にわたって勉強させていただいておりますが、臨床経験を重ねるほどそのことを痛感いたします。さらには未解決の課題について外科医も自ら取り組む姿勢が求められていると考えます。
赤水代表理事の掲げておられる抱負のひとつであります「内分泌外科学・病理学との密接な連携」を念頭に、本学会の更なる発展に貢献できますよう微力ながら努めてまいる所存です。

 広報連携部会では下村伊一郎部会長のもと、上田陽一副部会長、西岡宏先生、福田いずみ先生とご一緒に、若手を含めて幅広く会員の先生方のご意見も伺いながら本学会の価値をさらに高めることができますよう、寄与してまいりたいと思います。

 会員の諸先生方にはご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

役員挨拶一覧へ戻る

このページの先頭へ