日本内分泌学会

English
会員専用ページ
学会について

学術刊行部会 理事 堀川 玲子

最終更新日:2019年7月8日

役員挨拶一覧へ戻る

理事 堀川 玲子

国立成育医療研究センター 内分泌代謝科

 この度日本内分泌学会の理事に選任されました。これからの任期中、学会の発展に貢献させていただけるよう、力を尽くす所存です。

 私は学生の時に内分泌学の面白さと出会い、その後小児科医を志したため、小児内分泌医として臨床・研究に従事してきました。また、大学院生の4年間及び留学中の2年間、内分泌内科の医局に属し、成人の内分泌学を学ぶ機会を得ました。このような経験を活かし、トランジションにおける縦のチーム医療に関する学会としての取り組みに貢献していきたいと思います。現在研究として取り組んでいる成人疾患胎児起源説の実証を目指した出生コホート、性分化疾患の生涯を通じたケア、大学院時代からの継続した研究テーマである間脳下垂体疾患などは、日本内分泌学会の様々な取り組みとリンクしており、微力ながら何らかの形で学会に還元していきたいと考えています。

 私のもう一つのライフワークとして、アジア太平洋地域の小児内分泌学会および国際小児内分泌学会の活動に長年従事し、発展途上国の小児内分泌医育成や医療の質向上に努めてきました。このような活動が、日本内分泌学会の国際的なイニシアチブに少しでもお役に立てれば幸いです。
 皆様のご指導をよろしくお願い申し上げます。

役員挨拶一覧へ戻る

このページの先頭へ